不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮体部の筋層にできる良性腫瘍(こぶ)で、30〜40代の女性の数人に1人が子宮筋腫を持っていると言われていますが、最近は20代の若い女性にも増えてきました。

 

子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫に分類されます。

 

粘膜下筋腫は、子宮の内側を覆う子宮内膜に形成される筋腫で、子宮の内部に向かって大きくなります。発症率は子宮筋腫のうち約10%程度ですが症状は重く、不正出血、月経時の出血量の増加や月経期間が10日以上続く過多月経、月経痛、貧血、動悸や息切れを引き起こすほか、不妊や早産の原因となりやすく、手術が必要になるケースも多くあります。

 

筋層内筋腫は、全子宮筋腫のうち約70%と発症率が高く、子宮の壁にある筋肉の中で大きくなる筋腫で、筋腫が小さいときはほとんど無症状ですが、大きくなるに従って子宮を変形させ、過多月経の他、頻尿、便秘、下腹部痛や腰痛を引き起こします。

 

漿膜下筋腫は、子宮の外側を覆う漿膜にできる筋腫で、子宮の外側に向かって大きくなります。自覚症状があまりないため気づきにくく、症状が表れたとしても下腹部のしこりや、下腹部痛、腰痛、頻尿といった軽いものが多いです。ただし、筋腫がねじれると急激な腹痛が起こります。

 

子宮筋腫の検査

 

子宮筋腫を診断するための検査はいくつかあります。

 

内診では、直接膣内に指を入れて子宮内にしこりがないかどうかを調べます。この検査を行えばほとんどの子宮筋腫は発見することができます。超音波で子宮内の状態を確認する検査では、内診では見落としてしまうような小さな筋腫まで発見することができます。

 

内診や超音波エコーで子宮筋腫を確認した場合に、子宮筋腫の大きさや位置を調べるために行うMRI検査をおこないます。子宮筋腫の腫瘍が子宮の外側に出てしまう粘膜下筋腫という種類だった場合に、正しい位置や出方などを確認するために子宮鏡検査をおこないます。

 

 

子宮筋腫の原因

 

子宮筋腫が発生する原因は不明ですが、子宮筋腫の発育には、卵巣からのホルモンのひとつであるエストロゲンの関わりが考えられています。

 

初経前の若い女性に子宮筋腫はほとんど発生することはなく、閉経後は次第に小さくなるという傾向があり、このようなことから子宮筋腫の原因は、月経を起こす女性ホルモンと深い関わりがあると考えられているのです。

 

子宮筋腫の治療

 

子宮筋腫の治療方法には、主に薬物療法と手術があります。

 

子宮筋腫とひとことで言っても、腫瘍のできている場所や大きさによって、着床への影響は様々で、直径4〜5センチ以下の、子宮の外側にできる漿膜下筋腫や、筋肉の中にできる筋層内筋腫は、着床に影響が少ないので治療をせずに様子を見るのが一般的です。

 

腫瘍が大きいものや、子宮の内側に向かって出ている粘膜下筋腫は、薬物療法や手術を行います。

 

薬物療法では、生理を止める薬(スプレキュア、ナサニール、リュープリン)などを投与して、一時的に閉経状態をすることで、筋腫の発育に影響のある女性ホルモンの分泌を抑え、筋腫を小さくしようとする処置です。年齢的に余裕のある人向けと言えます。

 

年齢的に余裕のない人や、4〜5センチ以上の大きさの人の場合、子宮筋腫だけを取り子宮を残す筋腫核出術(子宮温存手術)を行います。

 

子宮を全部摘出する子宮全摘術を受けなければならないほど状態が悪い場合は、とても残念ですが、妊娠は諦めざるを得ません。

 

粘膜下筋腫は、子宮の内側に向かって出ているもので、1センチ程度の小さなものでも、着床を妨げたり、流・早産を招きやすいので、膣から子宮鏡を入れ、内視鏡を見ながら筋腫を取り除く場合もあります。

スポンサードリンク

関連ページ

着床障害とは?
着床障害とは、受精が成立して子宮まで受精卵が移動するものの、子宮内に問題があって、正常に着床が起こらない状態のことを言います。
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療について解説
子宮内膜ポリープの原因と治療
子宮内膜ポリープの原因と治療について解説
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療について解説
子宮奇形の原因と治療
不妊,不妊症,不妊治療,不妊検査,不妊原因,着床障害,子宮奇形
黄体機能不全の原因と治療
黄体機能不全の原因と治療について解説
子宮内膜増殖症の原因と治療
子宮内膜増殖症の原因と治療について解説
子宮がんの原因と治療
子宮がんの原因と治療について解説