不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

子宮内膜症(子宮腺筋症)とは?

子宮内膜症とは、本来子宮の内側をおおっている子宮内膜が、子宮以外の組織や臓器に飛び、そこに根付いて増殖、剥離を繰り返す病気です。

 

子宮内側で剥離した子宮内膜は、月経血として腟から体の外に排出されますが、子宮以外の場所で増殖した子宮内膜は、排出される場所がないため、腹腔内にとどまり、炎症や癒着の原因になります。

 

子宮内膜症は、卵管、卵巣、腹腔など、いろいろな場所に起こります。卵巣に子宮内膜症が起こることが最も多く、生理のたびに、そこで出血を繰り返すので、放っておくと卵巣内に血液がたまり、その血液がまるで溶けたチョコレートのようなので、チョコレート嚢腫と呼ばれています。このような状態になると、卵巣本来の機能を果たせず、排卵障害にもなります。

 

子宮腺筋症は子宮内膜症の一種で、これが子宮の筋層部分で起こることをいいます。子宮の壁もかたく厚くなるので、受精卵が着床しにくくなってしまいます。また、激しい生理痛や月経過多、性交痛などの症状が現れやすくなります。

 

子宮内膜症の検査

 

超音波検査で子宮や卵巣の状態をモニターに映し出し、子宮筋層や卵巣チョコレート嚢胞の有無や大きさを確認します。また、子宮内膜症により血液中の腫瘍マーカー(CA125)の値が高くなることがあり、診断や治療効果の判定の補助的手段として測定が行われます。

 

超音波検査よりも更に詳しく調べるために、MRI(磁気共鳴画像)によって卵巣チョコレート嚢胞の有無、子宮内膜症病変の位置・癒着の確認をします。

 

子宮内膜症の原因

 

子宮内膜症の原因は、はっきりしたことがわかっていません。

 

仮説では、生理の血液が卵管の方に逆流して、お腹の中に出てしまい、排出されることなくそのままとどまってしまうという子宮内膜移植説と、腹膜が何らかの原因で子宮内膜に変化するという体腔上皮化生説とがあり、前者が有力視されていますが、あくまでも仮説です。

 

子宮内膜症の治療

 

子宮内膜症の治療には手術療法と薬物療法の2通りがあります。

 

薬物療法では、子宮筋腫の薬物療法と同じように、生理を止める薬を投与します。生理をしばらく止めると、病巣部は萎縮し、軽いものなら治ってしまいます。しかしこの治療法は時間がかかるので、年齢的に時間に余裕のない人は、体外受精へ進みます。

 

薬では治療困難な内膜症の場合、あるいは妊娠を希望する内膜症の方は、手術療法が効果的ですし、最も根本的な治療法です。

 

子宮内膜症が進行し、癒着による卵管閉塞がある場合や、タイミング指導や人工授精を繰り返しても妊娠に至らない場合は、体外受精に進みます。

スポンサードリンク

関連ページ

着床障害とは?
着床障害とは、受精が成立して子宮まで受精卵が移動するものの、子宮内に問題があって、正常に着床が起こらない状態のことを言います。
子宮筋腫の原因と治療
子宮筋腫の原因と治療について解説
子宮内膜ポリープの原因と治療
子宮内膜ポリープの原因と治療について解説
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療について解説
子宮奇形の原因と治療
不妊,不妊症,不妊治療,不妊検査,不妊原因,着床障害,子宮奇形
黄体機能不全の原因と治療
黄体機能不全の原因と治療について解説
子宮内膜増殖症の原因と治療
子宮内膜増殖症の原因と治療について解説
子宮がんの原因と治療
子宮がんの原因と治療について解説