不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

子宮内膜癒着(クラミジア感染症)とは?

子宮内膜癒着とは、子宮内膜が炎症を起こして内膜の一部が癒着している状態をいいます。

 

癒着とは、組織同士がくっついてしまうことをいいますが、子宮内膜に癒着ができると受精卵の着床を妨げてしまったり、流産を引き起こす原因となります。

 

クラミジア感染症とは、性行為を通じて感染する性感染症の一種です。クラミジアトラコマティスという病原体により感染し、性器に感染すると、男性は尿道炎を起こし、女性は子宮頚管、子宮内膜、卵管、腹腔へと広がって、それぞれで炎症を起こします。

 

クラミジア感染症は珍しいものではなく、性感染症の中で最も感染者が多く、女性の性感染症の50%は、このクラミジア感染症だといわれています。

 

クラミジア感染症に感染した女性の80%は症状が出ず、男性の感染者の50%は自覚症状がありません。

 

女性の症状で、おりもの変化や下腹部痛が現れることがありますが、それほど重度な症状が現れるわけではないので、なんとなく気になっていても放置してしまうことも少なくないようです。男性の場合は、分泌液が出る、違和感があるなどの症状があります。

 

子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の検査

 

検査は2種類あり、子宮の出口を綿棒で擦過して、今現在の感染があるかどうか調べるものと、血液検査で過去の感染の既往があるかどうかを調べるものです。

 

現在の正確な状態を把握したい場合には、腹腔鏡検査が有効です。

 

子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因

 

子宮内膜癒着の原因となるのは、クラミジアなどの性感染症や、過去の妊娠中絶や帝王切開などです。

 

クラミジア感染症は、性行為を通じて感染します。

 

クラミジア感染症を放置して症状が進むと、頚管粘液の分泌が悪くなったり、子宮や卵管に癒着すると、不妊症の原因になりますが、自覚症状がほとんどないため、感染に気づかないまま慢性化してしまうことも多くあります。頚管障害や卵管障害、着床障害も起こしてしまいかねません。

 

子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の治療

 

クラミジアに感染していることがわかったら、パートナーの検査・治療も必要です。抗生物質(クラビット、クラリス、オゼックス、ミノマイシンなど)を使って治療します。通常2週間ほど服用することによって、原因菌が死滅するので治ります。

 

しかしクラミジア感染症が治っても、卵管の閉塞や、卵管采が萎縮するなどの状態になってしまったものを、薬などで治療する方法はありません。

 

内膜に癒着があると着床しづらく、不妊症の原因となるので、自然妊娠を期待している場合には、腹腔鏡検査をした上で手術療法(あるいは腹腔鏡下癒着剥離術)を選択されることが必要になります。あとは体外受精を選択することになります。

スポンサードリンク

関連ページ

着床障害とは?
着床障害とは、受精が成立して子宮まで受精卵が移動するものの、子宮内に問題があって、正常に着床が起こらない状態のことを言います。
子宮筋腫の原因と治療
子宮筋腫の原因と治療について解説
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療について解説
子宮内膜ポリープの原因と治療
子宮内膜ポリープの原因と治療について解説
子宮奇形の原因と治療
不妊,不妊症,不妊治療,不妊検査,不妊原因,着床障害,子宮奇形
黄体機能不全の原因と治療
黄体機能不全の原因と治療について解説
子宮内膜増殖症の原因と治療
子宮内膜増殖症の原因と治療について解説
子宮がんの原因と治療
子宮がんの原因と治療について解説