不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

黄体機能不全とは?

黄体機能不全とは黄体からの黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が不十分な状態のことをいいます。

 

排卵が終わると、子宮は受精卵を受け止めるため、内膜を厚くして着床に備えますが、黄体機能不全だと子宮内膜が厚くならないため、不妊症の原因になってしまいますし、妊娠しても流産しやすいなどの問題が起こります。

 

黄体機能不全には自覚症状はありませんが、基礎体温をつけていると、黄体機能不全が疑われる波形が現れます。

 

高温期を保ちきれず、高温期が短くなってしまうタイプや、途中で一時的に体温が低下するタイプ、高温期への移行に時間がかかるタイプなどがは、黄体機能不全が疑われます。

 

症状としては生理不順や、不正出血が起こることがあります。

 

黄体機能不全の検査

 

黄体機能不全の検査としては、プロゲステロンの分泌が正常かどうか調べるために、黄体期に血液検査を行って血中のプロゲステロン値を測定する方法と、さらに詳しく調べるために、黄体期の子宮内膜の組織検査をする方法があります。

 

黄体機能不全の原因

 

黄体機能不全の原因ははっきりしたことはわかっていませんが、卵胞期のFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌低下による卵胞の発育不全や、排卵期のLH(黄体形成ホルモン)の分泌低下、子宮内膜と黄体ホルモンの感受性の悪さなどが考えられます。

 

黄体ホルモンの分泌が不十分だと、子宮内膜が厚くなりません。黄体機能不全があると、受精卵が着床しにくくなってしまいます。

 

また、卵胞発育不全や高プロラクチン血症、他嚢胞性卵巣症候群などの疾患が原因で、ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。

 

黄体機能不全の治療

 

黄体機能不全の治療には、排卵誘発剤を使用して卵胞の発育不全を改善するものと、排卵後に黄体ホルモンを補充して、黄体機能を維持するものなどがあります。

 

生理が始まってから一定の期間、排卵誘発法をおこないます。

 

排卵誘発剤(排卵を促す薬)の「クロミフェン(クロミッド)」は重症の排卵障害の場合には効きませんが、軽度の排卵障害のある人などにきわめて有効だと言われいる薬です。

 

脳の視床下部には、エストロゲンがどれくらい分泌されているかを感知して、それに応じて性腺刺激ホルモンの分泌量をコントロールするセンサーがあり、クロミフェンはこのセンサーに結合して、エストロゲンがセンサーに届かないようにしてしまいます。

 

すると、視床下部はエストロゲンの量が足らないと判断し、もっと性腺刺激ホルモンの分泌を増やすように下垂体に信号を送ります。このことによって、ホルモンの分泌量が増え、黄体機能不全も改善すると考えられているようです。

 

排卵期、排卵後には、子宮内膜を発育・維持するために、黄体補充療法をおこないます。黄体期に「ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)」を投与して黄体を刺激し、ホルモン分泌を促したり、黄体ホルモンを直接投与したりして、体内の黄体ホルモンを増やします。

スポンサードリンク

関連ページ

着床障害とは?
着床障害とは、受精が成立して子宮まで受精卵が移動するものの、子宮内に問題があって、正常に着床が起こらない状態のことを言います。
子宮筋腫の原因と治療
子宮筋腫の原因と治療について解説
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療について解説
子宮内膜ポリープの原因と治療
子宮内膜ポリープの原因と治療について解説
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療について解説
子宮奇形の原因と治療
不妊,不妊症,不妊治療,不妊検査,不妊原因,着床障害,子宮奇形
子宮内膜増殖症の原因と治療
子宮内膜増殖症の原因と治療について解説
子宮がんの原因と治療
子宮がんの原因と治療について解説