不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

子宮内膜ポリープとは?

子宮内膜ポリープとは、子宮内膜が部分的に増殖してできた、きのこ状のやわらかい腫瘍のことをいいます。子宮内膜ポリープは、自覚症状はないことが多いのですが、まれに不正出血や月経痛を起こすことがあり、貧血を伴ったりすることがあります。

 

大腸ポリープのように癌化することはほぼないとされていますが、ごくまれに悪性の腫瘍である場合もあるため、注意が必要です。

 

子宮内膜ポリープの大きさは、小さいもので1センチ以下から、大きいものでは10センチを超える場合もあります。子宮内膜ポリープはほとんどが良性ではありますが、内膜が凸凹になったり、ポリープができる場所や数によっては、受精卵の着床を妨げることがあります。

 

子宮内膜ポリープがあっても妊娠する方はいますし、処置したからといって必ずしも妊娠するとは限りません。しかし子宮内膜ポリープが妊娠の妨げになることケースがあることは確かです。妊娠を望んでいて、既に不妊の状態が続いている方や、他に思い当たる不妊の原因がないといった場合は、子宮内膜ポリープが妊娠を妨げているのかもしれません。

 

子宮内膜ポリープの検査

 

超音波検査で診断が可能です。ただし超音波検査をする時期により、診断できないこともあります。排卵の少し前の時期でないと、正確には診断できません。

 

超音波検査で子宮内膜ポリープの疑いのある方には、正しい診断をするために子宮鏡検査をおこないます。子宮鏡検査も、卵の少し前の時期にしかできません。子宮鏡検査によって肉眼的に子宮の中を観察することにより、より正確に診断することができます。

 

子宮内膜ポリープの原因

 

子宮内膜ポリープの原因は、はっきりとした原因はわかっていませんが、エストロゲン(卵胞ホルモン)の影響だと言われています。

 

子宮内膜がエストロゲン(卵胞ホルモン)に過剰に反応し、子宮内膜の増殖が過剰におこなわれて、その結果、ポリープが形成されるようになると考えられています。

 

子宮内膜ポリープの治療

 

子宮鏡検査で発見されるので、すぐにその場で切除することが可能です。子宮鏡という子宮用の細い内視鏡を膣から入れ、先端についた電気メスなどの器具で切除します。

 

症状やできている場所によっては、腫瘍をねじりとる処置(捻除)をしたり、数が多いときなどは、流産の手術と同様の、子宮内膜をそっくりこそぎとる処置(掻爬)をします。

 

子宮内膜ポリープは薬物療法では治療できないと考えられています。

 

子宮にできるポリープには、子宮頸管ポリープというものもあります。子宮頸管ポリープは妊娠と深く関係するわけではありませんが、おりものに出血を伴ったり、性交時に不正出血を起こすことがあります。

スポンサードリンク

関連ページ

着床障害とは?
着床障害とは、受精が成立して子宮まで受精卵が移動するものの、子宮内に問題があって、正常に着床が起こらない状態のことを言います。
子宮筋腫の原因と治療
子宮筋腫の原因と治療について解説
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療
子宮内膜症(子宮腺筋症)の原因と治療について解説
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療
子宮内膜癒着(クラミジア感染症)の原因と治療について解説
子宮奇形の原因と治療
不妊,不妊症,不妊治療,不妊検査,不妊原因,着床障害,子宮奇形
黄体機能不全の原因と治療
黄体機能不全の原因と治療について解説
子宮内膜増殖症の原因と治療
子宮内膜増殖症の原因と治療について解説
子宮がんの原因と治療
子宮がんの原因と治療について解説