不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

男性不妊とは?

男性不妊症とは、不妊症のうち、主たる原因が男性側に認められるものをいいます。

 

不妊症というと、女性側に問題があると思われがちなのですが、妊娠の仕組みは、男性の精子と女性の卵子が結びついて成立するものですから、実際に妊娠するのは女性であっても、不妊の原因は男性にも女性にもあります。

 

近年、男性不妊が増えていると言われています。

 

WHO(世界保健機構)の国際調査によると、男性の精子の数と運動率は年々下がっているということです。下がってしまっている原因は、環境ホルモン、ストレス、タバコ、精巣を温めてしまう生活習慣などが影響していると考えられます。

 

男性不妊の原因は精液に異常がある場合が多くを占めていますが、見た目では異常はなく、痛みなどの自覚症状がないケースが多いので、発見が遅れがちのようです。

 

男性不妊の原因がわからないこともある!?

 

男性不妊の原因としてもっとも多いものは、精子に問題がある場合ですが、その原因について、はっきりとした診断がつくとは限りません。

 

はっきりした診断がつかず、原因不明の特発性造精機能障害が6割を占めるといわれています。

 

また、精子の問題は多岐にわたり、そして複雑なものです。

 

脊髄損傷などの身体的な障害、糖尿病や腎不全などの内科的疾患、精巣がんなどでの抗がん剤治療や放射線療法などの過去の病歴や染色体異常が、男性不妊を引き起こしていることもあります。

 

治療が難しく、実子を諦めざるを得ないケースもあると思います。夫婦ふたりの生活、非配偶者間人工授精(AID)、養子縁組などの選択肢もあります。

 

不妊治療は夫婦一緒が効率的!

 

よくあるケースとしては、女性が長い間治療していても妊娠に至らないため、男性の検査をしたら、実は男性側に原因があったというケースです。

 

女性の検査を何ヶ月もかけて受けたのに原因がわからず、それから男性不妊の検査をした結果、原因は男性不妊だった・・・では、女性だけが余分な検査や治療を受けることになってしまいますし、時間ばかりが経過してしまいますし、お金も無駄になってしまいます。

 

女性の不妊治療は体に負担のかかるものですから、もし不妊治療に踏み切るときは、一緒に取り組んでいただきたいと思います。それが夫婦の絆を深めることにもつながります。

 

女性の検査を何ヶ月もかけて受けたのに、結果、原因は男性不妊だった・・・では、
女性だけが余分な検査や治療を受けることになってしまいますし、時間ばかりがたってしまいます。

 

精液検査は痛みもありませんし、簡単に受けられる検査です。まずは精液検査を受けてみましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

造精機能障害の原因と治療
造精機能障害の原因と治療について解説
精索静脈瘤の原因と治療
精索静脈瘤の原因と治療について解説
精管通過障害の原因と治療
精管通過障害の原因と治療について解説
性行為障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療について解説