不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

造精機能障害とは?

男性不妊でもっとも多いのがこの造精機能障害で、男性不妊の9割を占めています。造精機能障害は、無精子症、乏精子症、精子無力症、精子奇形症などに分類されます。

 

精液中に1匹も精子が見当たらない状態を、無精子症といいます。

 

乏精子症とは精子の数が少ない状態で、精子濃度(精子数)2000万/ml以下の場合をいいます。精子の数が少し下回るくらいなら、あまり気にしないようにしましょう。乏精子症の人の約半数近くは、精子無力症を合併しています。

 

精子無力症とは、前進する精子が50%未満、または高速で直進する精子が25%未満の場合をいいます。精子の運動率が悪いと、受精の場である卵管采に到達する精子は減り不妊の原因となります。卵管采に到達したとしても、卵子の殻を破らなければならないので、量だけではなく運動率も大切になります。

 

精子奇形症とは、正常値では、奇形精子が15%以下と設定されているため、それを超える場合、精子奇形症といいます。

 

造精機能障害の検査

 

精液検査では、精子の数、運動率、奇形率などをチェックします。精液検査は、その日の男性の体調などに左右されやすいので、もし結果が悪い場合でも、再検査では正常という場合もあります。

 

無精子症の検査

フーナーテストや精液検査で精子が見つからない場合や極端に数が少ない場合、さらに詳細な検査をします。問診、触診、ホルモン値検査などをおこない、精子の形成を促すホルモンであるFSHの値や睾丸の大きさが正常であれば閉塞性無精子症の可能性を、FSHの値が高く睾丸が小さい場合や触診で痛みを感じる場合は非閉塞性無精子症の可能性を疑います。

 

乏精子症の検査

精液を採取し、顕微鏡で精子の状態を観察します。次に睾丸の診察をおこない、睾丸の大きさに異常がないか、精子を運ぶ管や精巣の血管に異常がないかを検査します。同時に超音波検査で、精子を運ぶ管に狭窄や詰まりがないか、睾丸に悪性腫瘍がないかを調べます。また、採血によるホルモン値検査をおこなう場合もあります。フーナーテストにおいても、精子の数や運動率がわかります。

 

精子無力症の検査

精子の運動率は総運動率40%以上、前進運動精子32%以上とされています。精液検査で、常に基準値を下回ると、精子無力症と診断されます。

 

精子奇形症

精液検査の他にクルーガーテストで調べることができます。クルーガーテストは精子に染料で色をつけて形を調べる検査で、奇形の精子の割合や奇形のパターン(頭部の奇形、尾部の奇形)を知ることができます。

 

造精機能障害の原因

 

無精子症の原因

無精子症は、閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症とがあり、閉塞性無精子症は、精巣では精子は作られていながらも何らかの原因で精子の通り道がふさがっている状態を言い、非閉塞性無精子症は精子そのものが作られていないか、精子の量が極端に少ない状態をいいます。

 

閉塞性無精子症の原因は生まれつき精菅がない人もいますし、鼠径ヘルニアの後遺症、性病の感染などが原因で精菅がふさがってしまうことがあります。非閉塞性無精子症の原因は、成人してからのおたふく風邪の高熱により精巣の腫れから精子が作られなくなる場合があります。もしくは停留精巣といって、生まれつき精巣がおなかの中にある人もいます。

 

乏精子症の原因

乏精子症の原因は、精索静脈瘤、おたふく風邪による精巣炎、停留精巣、ホルモン分泌異常(LH、FSH)、染色体異常、喫煙などが考えられます。

 

精子無力症の原因

なんらかの原因によって精子の運動効率が低く、精子を作る機能が低いことも原因と考えられており、背景には現代の食生活や生活習慣、ストレスなどが影響していると考えられています。

 

精子奇形症の原因

精子奇形症は、原因不明と言われています。しかし、詳しい検査をすると精索静脈瘤や、逆行性射精、 染色体異常などが見つかる場合もあります。

 

造精機能障害の治療

 

無精子症の治療

閉塞性無精子症で、女性側に不妊原因がない場合、精路再建手術という方法があります。女性側にも何らかの不妊原因がある場合や、年齢的に余裕のない場合は、精巣や精巣上体内の精子を採取して顕微授精を行う方法が検討されます。

 

非閉塞性無精子症でホルモン異常が原因の場合は、ホルモン剤を注射することで精子が精液中に出現する可能性があります。また、患者の半数は精巣内の一部分で正常に精子を形成していることが分かっているので、MD-TESEと呼ばれる方法で精子や精子になる前の細胞である後期精子細胞を探します。1匹でも精子が見つかると排卵誘発によって採卵した卵子とともに顕微授精を行って妊娠できる可能性があります。

 

しかし、精巣に精子が1匹もいない場合、とても残念なことですが、実子以外の道を探すことになります。

 

乏精子症の治療

原因不明のケースでは決定的な特効薬はありませんが、軽度なら薬物療法で改善する場合があります。軽度の乏精子症の場合、人工授精によって妊娠も可能です。漢方薬などを併用することもありますが、精子の数が少し下回るくらいなら、心配しすぎないでください。しかし、精子濃度が数百万/ml以下になると、人工授精では難しいと判断され、体外授精を勧められることもあり、更に数が少ない場合は、妊娠率を上げるため、顕微授精を勧められることもあります。

 

精子無力症の治療

精子無力症の治療法として薬物治療、ホルモン治療、精索静脈瘤手術、人工授精、体外受精があります。重度の精子無力症の場合には、体外受精や顕微授精といった高度生殖医療に進むケースが多いです。

 

精子奇形症の治療

 

精索静脈瘤や、逆行性射精、 染色体異常などの症状が見つかった場合はその治療をおこないます。薬物療法により精子量が改善し、正常な精子が増加することで、運動精子の増加や奇形精子の減少がみられることもあります。

 

症状が軽度のものであったり、奥様の年齢が若かったりする場合は人工授精からスタートすることもあります。症状が重度の場合は顕微授精をおこなっていくのですが、奇形精子症の場合は顕微授精をおこなっても通常より妊娠率が低いとされています。

スポンサードリンク

関連ページ

男性不妊とは?
男性不妊症とは、不妊症のうち、主たる原因が男性側に認められるものをいいます。
精索静脈瘤の原因と治療
精索静脈瘤の原因と治療について解説
精管通過障害の原因と治療
精管通過障害の原因と治療について解説
性行為障害の原因と治療
性行為障害の原因と治療について解説