不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

高プロラクチン血症とは?

高プロラクチン血症とは、脳下垂体から放出されるプロラクチンの分泌が異常に増加して、乳汁を分泌したり、生理や排卵が抑制されてしまう状態のことを言います。

 

本来、乳汁分泌ホルモンのプロラクチンは、出産後に脳の下垂体から多く分泌されて母乳が出るようになるのですが、このプロラクチンが過剰に分泌されると、生理や排卵を抑制されてしまいます。授乳中の女性が妊娠しにくいと言われるのは、プロラクチンが多く分泌されているためです。

 

しかし出産をしていないのに、プロラクチンが過剰に分泌されることがあり、そうなると授乳中と同じように妊娠しにくい状態になります。排卵障害だけでなく、受精卵が子宮内膜に着床しにくい状態になってしまいます。

 

高プロラクチン血症の検査

 

血液中のプロラクチン値を調べることで診断がつきますが、プロラクチン値は一定ではなく、検査のたびに変動するので何度か検査をする必要があります。具体的には、授乳期以外のプロラクチンの血中濃度の正常値は15ng/ml以下ですが、この値より高いと高プロラクチン血症が疑われます。

 

また乳首をしぼると乳汁が出ることがあり、これも高プロラクチン血症の特徴です。

 

高プロラクチン血症の原因

 

高プロラクチン血症の原因は、大きく分けて3つあります。

 

機能性高プロラクチン血症と言い、強いストレスを受けたときになどに、視床下部から分泌するホルモンのバランスが崩れ、下垂体からのホルモン分泌異常を起こすことがあります。

 

人間の身体は自律神経によって調節されており、この自律神経が乱れるとホルモンのバランスも崩れてしまいますので、プロラクチンの分泌にも影響を及ぼし高プロラクチン血症になる場合があるというわけです。

 

次に、薬剤性高プロラクチン血症と言い、ピルや胃潰瘍の薬、抗うつ剤や降圧剤などを長期間服用しているために、ホルモンバランスが乱れて高プロラクチン血症になる場合があります。

 

最後に、腫瘍性高プロラクチン血症と言い、脳の下垂体に腫瘍ができると、プロラクチンが過剰に分泌され、高プロラクチン血症を起こしてしまいます。頭痛・吐き気・めまい・視野狭窄・視力以上を伴うことがあります。

 

高プロラクチン血症の治療

 

機能性高プロラクチン血症の場合、薬を服用してプロラクチンを低下させます。薬剤性高プロラクチン血症の場合は、内服している薬が原因になっているわけですから、その薬をやめることで改善しますが、その内服を中止できない場合は、プロラクチンを低下させる薬を内服します。

 

腫瘍性高プロラクチン血症の場合、腫瘍を小さくする作用とプロラクチンを低下させる作用のある薬を服用したり、下垂体の腫瘍が大きかったり、腫瘍による症状が出ているときは、手術によって腫瘍を摘出します。また、腫瘍を縮小させるために放射線療法を用いることもあります。

スポンサードリンク

関連ページ

排卵障害とは?
排卵障害とは、卵子が成熟しない、もしくは成熟しているのに排卵しない状態、つまり排卵がうまくいかない状態のことをいいます。
性腺刺激ホルモン分泌異常の原因と治療
性腺刺激ホルモン分泌異常の原因と治療について解説
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因と治療
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因と治療について解説
卵巣機能低下症の原因と治療
卵巣機能低下症の原因と治療について解説
黄体化未破裂卵胞の原因と治療
黄体化未破裂卵胞の原因と治療について解説