不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

性腺刺激ホルモン分泌異常とは?

性腺刺激ホルモン分泌異常とは、脳の中枢神経の異常により、卵巣に指令が届かない状態のことをいいます。

 

脳の中枢神経は、妊娠をするためにとても重要です。卵子を成熟させて排卵させるのは卵巣の仕事ですが、これらを指令しているのは脳なのです。

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の二つを、性腺刺激ホルモンと呼び、脳からの指令を卵巣に伝える仕事をしているのが、この性腺刺激ホルモンです。

 

性腺刺激ホルモンは、間脳の視床下部から指令が送られて、脳下垂体から分泌されます。

 

卵胞刺激ホルモン(FSH)は、卵巣の卵胞へ作用してその発育を促しますが、卵胞刺激ホルモン(FSH)のみでは成熟卵胞は形成されず、黄体形成ホルモン(LH)と協同してはじめて成熟卵胞ができ、卵胞からの卵胞ホルモンの分泌も増加して排卵が起こります。

 

つまり、これらの中枢神経が正常に働かないと、性腺刺激ホルモンが分泌されず、結果として排卵が起こりにくくなってしまうのです。

 

性腺刺激ホルモン分泌異常の検査

 

性腺刺激ホルモン分泌異常は、血液検査によって調べます。

 

本来は性腺刺激ホルモンの分泌が低下することによって排卵が起こらなくなるのですが、中には、卵胞刺激ホルモン(FSH)値が高くなっているケースがあります。卵巣の反応が弱いと、卵胞刺激ホルモンをたくさん分泌して卵胞を成熟させようとします。つまり、卵胞刺激ホルモン値が高いということは、卵巣の反応が弱くなっていることを意味します。

 

これは基本的に閉経後の女性に見られる現象ですが、様々な原因で若くして卵巣の反応が弱くなっている可能性もあるのです。

 

性腺刺激ホルモン分泌異常の原因

 

ストレスや甲状腺機能障害、激しい運動、極度の痩せや肥満、また過度のダイエットで食べ物を極端に制限したりすると、視床下部の食欲中枢や脳下垂体にまで支障をきたし、性腺刺激ホルモン分泌異常を引き起こす原因となります。

 

不規則な生活をしている方も注意が必要です。日常生活の中ではなるべくストレスを抱えないようにし、食事や睡眠もしっかりとり、整った生活習慣を心がけましょう。

 

性腺刺激ホルモン分泌異常の治療

 

性腺刺激ホルモン分泌異常は、排卵をつかさどる脳の視床下部と下垂体の異常なので、それらを正常にするための「排卵誘発剤」を使用する治療法が一般的です。

 

最初は比較的弱いもの、セキソビッドやクロミッド(クロミフェン)などからスタートして様子を見ますが、効果が出ないようであれば、強力なhMGを注射することによって排卵を誘発していきます。

スポンサードリンク

関連ページ

排卵障害とは?
排卵障害とは、卵子が成熟しない、もしくは成熟しているのに排卵しない状態、つまり排卵がうまくいかない状態のことをいいます。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因と治療
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因と治療について解説
卵巣機能低下症の原因と治療
卵巣機能低下症の原因と治療について解説
黄体化未破裂卵胞の原因と治療
黄体化未破裂卵胞の原因と治療について解説
高プロラクチン血症の原因と治療
高プロラクチン血症の原因と治療について解説