不妊検査と不妊治療

スポンサードリンク

不妊検査記事一覧

問診

問診は、初診のときに必ずおこなわれます。中には少し恥ずかしいようなことを聞かれるかもしれませんが、不妊の原因を知るために問診はとても重要ですので、正直に答えるようにしましょう。問診票に記入する名前、住所、身長、体重、年齢や結婚年数、月経の様子や周期、避妊期間、不妊期間や不妊治療の経験の有無、妊娠・出...

≫続きを読む

 

基礎体温

不妊検査をする上で、基礎体温は非常に重要になってきます。正しい測り方をすることが大切です。基礎体温表は初診から持参するのが理想基礎体温表は初診から持参するのが理想なのですが、病院に行きたいのに、基礎体温をつけていないから行ってはいけないということではありません。もし基礎体温をつけていなくても、治療と...

≫続きを読む

 

内診

内診とは、医師が膣に指や器具を挿入し、子宮のかたさや大きさなどを調べる診察のことです。内診で何がわかる?内診では、流産、出血の兆候の有無や、膣炎、膣部びらん、膣感染症の有無、卵巣のトラブルの有無、おりものの量や色から細菌感染の有無、卵胞の大きさや子宮内膜の厚さなど、様々なことがわかります。内診は女性...

≫続きを読む

 

ホルモン検査(血液・尿)

ホルモン検査の仕方は、尿や血液を採取して、その中のホルモン値を測定します。低温期、排卵期、高温期、それぞれの時期で、違う種類のホルモン値を調べます。低温期(卵胞期)には、卵胞刺激ホルモン、卵胞ホルモン、黄体化ホルモン、排卵期には、黄体化ホルモン、高温期(黄体期)には、黄体ホルモン、卵胞ホルモンなどを...

≫続きを読む

 

超音波検査

超音波検査は、初診からほとんど毎回行われることになります。内診台に座り、超音波が出るプローブという器具を膣の中に入れ、子宮や卵巣の状態を、モニターを見て確認します。超音波検査で何がわかるの?子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、卵巣嚢腫、多嚢胞性卵巣の有無、子宮の大きさや位置、子宮内膜の厚さ、卵胞の大きさなど...

≫続きを読む

 

子宮卵管造影検査

子宮卵管造影検査とは、子宮や卵管の形を映し出す検査です。X線撮影なので、月経後から排卵の間に行います。子宮卵管造影検査で何がわかるの?もし卵管に詰まりや癒着、ポリープなどがあると、受精卵が子宮に到着できず、着床を妨げてしまい、不妊症を引き起こします。卵管造影検査とは、そんな卵管の障害による不妊の原因...

≫続きを読む

 

通水検査・通気検査

通水検査・通気検査は、月経終了後から排卵までの、妊娠している可能性のない低温相の時期に行われます。子宮卵管造影検査の前や、X線設備のない病院で子宮卵管造影検査の代わりに行われることが多いようです。通水検査・通気検査って、どんな検査?通水検査・通気検査は、膣からカテーテルを挿入し、子宮内に液体(生理食...

≫続きを読む

 

頸管粘液検査

頸管粘液検査は、排卵期に行われます。内診台で、子宮頸管の粘液を、針のついていない注射器で吸い取って調べます。頸管粘液とは?頸管粘液とは、子宮頸管から分泌される粘液のことを言います。普段は膣内の細菌が子宮内に入らないように働いていますが、排卵時になると、性状を変え量を増やし、精子が子宮内に入るのを助け...

≫続きを読む

 

フーナーテスト(ヒューナーテスト、性交後試験)

フーナーテスト(ヒューナーテスト、性交後試験)とは、性交後の子宮頚管粘液の中にある精子の状態を見る検査です。フーナーテスト(ヒューナーテスト、性交後試験)ってどんな検査?フーナーテストは、ヒューナーテスト、もしくは性交後試験とも呼ばれます。性交後の子宮頚管粘液の中にある精子の状態を見るために、検査の...

≫続きを読む

 

抗精子抗体検査

抗精子抗体検査は、フーナーテストにより抗精子抗体の疑いがあった場合におこなう血液検査です。抗精子抗体とは?妊娠するためには、女性の卵子と男性の精子が出会って受精する必要がありますが、女性の体が男性の精子を異物とみなして攻撃してしまうと、卵子と精子は出会うことができないため、受精することができません。...

≫続きを読む

 

子宮鏡検査

子宮鏡検査では、子宮腔内に子宮鏡(細い管の先にカメラがついたもの)を入れて子宮の内部を観察し、不妊の原因になる子宮ポリープや子宮筋腫などがないかを調べます。子宮鏡検査ってどんな検査?子宮卵管造影検査や経膣超音波検査で子宮腔に異常が疑われるときは、子宮鏡検査をして、子宮の内部を観察します。主に、子宮筋...

≫続きを読む

 

子宮内膜組織検査

子宮内膜組織検査では、子宮内膜の発育やホルモンに対する反応具合の他、子宮内膜症などの疾患の有無について、内膜組織を採取して調べます。子宮内膜組織検査はどのようにおこなわれるの?子宮内膜組織検査は、キューレットと呼ばれる直径3mmほどの器具で子宮内膜の一部を採取し、顕微鏡で組織を調べる検査で、排卵から...

≫続きを読む

 

腹腔鏡検査

腹腔鏡検査は、全身麻酔をかけて、お腹に小さな穴を開け、そこから腹腔鏡を入れて中の様子を観察する検査です。腹腔鏡検査はどのようにおこなわれるの?腹腔鏡を意味する英語のLaparoscopyを省略して、ラパロと呼ぶこともあります。お腹の中にガスを送り込み、お腹を膨らませて視野の確保をして検査をします。し...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク