不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

頸管障害とは?

頸管障害とは、頸管粘液の分泌量の増加が十分でない状態(頸管粘液不全)になったり、精子に対する抗体ができ、精子が子宮へ進めなくなる状態をいいます。

 

精子が子宮へ進めなければ自然妊娠は不可能

 

子宮頚管粘膜は、通常は膣の雑菌が子宮内に侵入しない様にブロックする作用がありますが、排卵期だけは精子が通りやすいように変化します。しかし排卵期であるにも関わらず、精子の進入を助ける粘液が不足したりすると、精子は子宮頚管でブロックされ、子宮に進めなくなってしまいます。

 

また、精子を異物とみなして抗体ができていると、子宮内に侵入しようとする精子が頸管内で死んでしまいます。

 

精子が子宮頸管を通過できないということは、卵子まで到達できないということですから、自然妊娠はできません。つまり不妊の原因となってしまいます。

 

頸管粘液不全になる理由

 

頚管粘液不全の主な原因は、はっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が少なくホルモンバランスが崩れる事が影響しているようです。

 

また、子宮頸管や卵管に炎症が起きたり、クラミジア感染症も頸管障害の原因となります。

 

クロミフェン(クロミッド)による排卵誘発をしている場合、そのクロミフェン(クロミッド)の副作用により、頸管粘液が減少してしまうことがあります。

 

抗精子抗体は、精子に対してのアレルギー反応のようなもの

 

抗精子抗体は、男女どちらにも起こります。

 

女性に抗精子抗体がある場合、子宮内に進入しようとしてくる精子を異物としてみなしてしまい頸管内で死なせてしまいます。

 

男性が抗精子抗体を持っていると精子の運動率が悪くなったり女性の体に入ると精子が死んでしまうため受精ができず、自然妊娠ができなくなります。

 

抗精子抗体を疑う検査として、フーナーテストというものがあります。フ―ナーテストとは排卵期に性交をしてから数時間の間に子宮の出口から頸管粘液を採取して、その中を泳いでいる精子の状態を顕微鏡で調べる検査です。

 

このフーナーテストを数回おこなってみても、よい結果が出ない場合は、抗精子抗体の検査を受けることをおすすめします。

 

抗精子抗体検査は血液を採取し、血液から血球成分を除いた血清を観察していく検査です。

 

頸管障害で精子が子宮に進めなくても、体外受精や顕微授精で妊娠は可能

 

精子は子宮頸管を通過し子宮の内部に入り、さらに卵管へと進み受精します。
頸管障害があると、その過程ができないことになりますから、その過程を体外ですることで、受精卵ができます。

 

受精卵を子宮に戻し、受精卵が子宮内膜にもぐり込んで着床ができれば、妊娠は成立です。

スポンサードリンク

関連ページ

頸管粘液不全の原因と治療
頸管粘液不全の原因と治療について解説
抗精子抗体の原因と治療
抗精子抗体の原因と治療について解説