不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

不妊原因気がかりチェック記事一覧

生理痛はひどくないですか?

生理のときに下腹部が痛くなる生理痛ですが、これは月経血を押し出すために子宮が収縮して起きます。ひと言で生理痛と言っても、痛みの程度や症状、痛む場所など、同じ女性であっても千差万別です。一般的に10〜20代の若い頃は生理痛が強いのですが、年齢とともに子宮が成熟するにしたがって、生理痛は軽減していきます...

≫続きを読む

 

生理不順はありませんか?

生理周期は一般的に「28日」とが平均だと言われています。あくまで平均の日数なので、この周期でなければ問題があるわけではありません。基本的には25〜35日の周期であれば、生理周期として正常と言われています。頻発月経・稀発月経などは、無排卵の可能性がある生理周期が24日以内の短いものを「頻発月経」といい...

≫続きを読む

 

過多月経、過少月経はありませんか?

月経血の量が多すぎたり、期間が長すぎる場合を過多月経といい、月経血の量が極端に少なかったり、期間が短く1〜2日で終わってしまうような場合を過少月経といいます。過多月経とは月経血の量が多すぎたり、期間が長すぎる場合を過多月経とよびます。だいたいの目安として、月経期間が1週間以上あったり、出血量が多くナ...

≫続きを読む

 

不正出血はありませんか?

生理でもないのに出血があることを不正出血といいます。生理と生理の間頃に少量出血する排卵期出血などは心配ありませんが、不正出血が何日も続くようなら要注意です。不正出血はおりものに少し血が混ざる程度から、生理のような出血が続くケースもあります。不正出血には種類があり、機能性出血と器質性出血の2種類に分け...

≫続きを読む

 

おりものに異常はありませんか?

おりものは、帯下(たいげ)とも言い、子宮頸管、膣からの分泌液です。主に外部からの細菌の進入を防ぐ役割をしています。おりものは周期で変化している月経が終わって2〜3日すると、半透明の粘り気の少ないおりものが出始め、次第に量が増えてきます。排卵前には、透明でサラっとしたおりものになり、さらに量が増え、排...

≫続きを読む

 

性感染症や腹膜炎の経験がありませんか?

クラミジア感染症、淋菌感染症などの性感染症にかかると、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などを起こす事があり、放っておいたり、しっかり治しきっていないと組織のダメージや癒着によって、妊娠を妨げる原因となることがあります。クラミジア感染症とは?性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスという病原体によ...

≫続きを読む

 

性交痛はありませんか?

性交痛とは、性交前、性交中、性交後のいずれかで生じる痛みを指します。女性の痛みに関する悩みは色々ありますが、性交痛を感じる女性は意外に多く存在し、性交痛は生理痛に次いで悩んでいる女性が多いと言われています。性交渉は妊娠を望む上で必要不可欠ですが、性交痛があると、性交渉が苦痛になってしまいます。妊娠す...

≫続きを読む

 

乳汁が出たりしていませんか?

妊娠中や授乳中でもないのに、乳汁が出たり胸が張ったりすることがありませんか?実はこれが不妊症の原因になっている可能性があります。妊娠中でも授乳中でもないのに、乳汁が出ると訴える女性の約4分の3は無月経を伴い、無月経とまではいかないものの、月経異常や排卵障害と結びついているものが多くあり、不妊症の原因...

≫続きを読む

 

中絶経験はありませんか?

妊娠中絶を経験されている方の中には、過去の中絶が妊娠を妨げているのでは?と心配されている方も少なくないと思います。過去の中絶経験が不妊の原因になるのか?現在は医学も進み、妊娠中絶は適切な設備や高度な医療技術の中で行なわれています。中絶後に炎症を起こしたり、不正出血が続いたりなどの異常がなければ、それ...

≫続きを読む

 

内科的な疾患はありませんか?

なかなか妊娠に至らない場合、背景に内科的な病気が隠されていることがあります。内科的な疾患がある場合、ホルモンの分泌に支障をきたすことがあります。甲状腺の病気や糖尿病、肝臓病、腎臓病、高血圧などは、ホルモン代謝異常を起こす場合があるので、それらの病気は注意が必要です。内科的疾患とその影響について甲状腺...

≫続きを読む

 

がん経験はありませんか?

現在は医学が進んでいるので、がんも早期であれば治る確率が高くなっています。女性特有のがんと言えば、子宮がん、卵巣がん、乳がんなどです。子宮頸がんと子宮体がん子宮頸がんは必ず不妊になるような病気ではありません。確かに、子宮頸がん、もしくはそのワクチンによって不妊症になるということは全くないというわけで...

≫続きを読む

 

極度の冷え性ではありませんか?

女性は下半身を冷やしてはいけないというのは、よく耳にする話です。冷え性の女性は多いと思うのですが、女性はお腹のあたりが冷えると、子宮や卵巣の機能が低下します。寒い季節などは、オーバーショーツを1枚足すとよいと思います。夏は冷房などで冷えることもありますよね。オフィスで事務職をしている人などは、要注意...

≫続きを読む

 

過度のダイエットをしていませんか?

過度なダイエットや、過食症、拒食症などの摂食障害は、重症化すると生理不順になったり、最悪生理が止まってしまうことにもなる可能性があります。極端な食事制限はNGダイエットで極端な食事制限をして栄養不足になると、子宮や卵巣などの妊娠機能を停止します。人間の体は飢餓に非常に敏感で、栄養が不足すると体脂肪を...

≫続きを読む

 

強いストレスがたまってませんか?

現代人はストレスのない人なんていないかもしれません。ストレスの度合いにもよりますが、やはりストレスは妊娠を望む上でもよくありません。ストレスと生殖機能心の作用と身体の機能は深く結びついていますが、生殖機能は特にこの影響を受けます。なぜなら生殖ホルモンの分泌をつかさどる脳の下垂体は、同時にストレスにも...

≫続きを読む

 

生活・食生活の乱れはありませんか?

夜更かしや朝寝坊などの不規則な生活で、食事を抜いたり外食や間食ばかりだと、食生活がきちんとしていないので、生理不順や無月経を招いたり、卵巣機能の低下を起こしてしまうかもしれません。現在は、食べ物も加工食品や冷凍食品が多く、野菜なども化学肥料や農薬などが含まれているものが多く、昔よりも食べ物自体が持つ...

≫続きを読む

 

タバコを吸っていませんか?

タバコは「百害あって一利な」とよく言われていますが、まさにその通りです。不妊症に限らず、健康を損なう恐れがあります。妊娠中に胎児に影響を与えたり、産後も母乳にニコチンが含まれてしまったりするので、きっぱり禁煙することをお勧めします。タバコは卵子を老化させる!卵子は、胎児のころに全てが作られ、それ以降...

≫続きを読む

 

アルコールを過度に飲んでいませんか?

アルコールは、適度に飲む程度であれば、リラックス効果が得られ、血液の循環がよくなるなどの利点もありますが、泥酔するほど飲むのは感心できません。酔う酔わないというのは個人差がありますので、実際にはなんとも言えないのですが、酔わないにしても、毎日大量に飲むのは体によくありません。妊娠することに直接の影響...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク