不妊症の原因と治療

スポンサードリンク

おりものに異常はありませんか?

おりものは、帯下(たいげ)とも言い、子宮頸管、膣からの分泌液です。主に外部からの細菌の進入を防ぐ役割をしています。

 

おりものは周期で変化している

 

月経が終わって2〜3日すると、半透明の粘り気の少ないおりものが出始め、次第に量が増えてきます。

 

排卵前には、透明でサラっとしたおりものになり、さらに量が増え、排卵日の直前になると透明で、糸をひくような性状になります。これは女性ホルモンの増加に伴い子宮頸部から分泌される粘液が増えるためです。

 

排卵後は白色〜黄白色の粘調性のおりものに変化し、量も少なくなります。

 

排卵期が終わると次第に粘り気がなくなり、色も白くにごります。月経直前になるとさらに量が少なくなります。

 

おりものの色や量、においなどに注意!

 

そういった通常の変化とは違い、色や量やにおいに異常がある場合、カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、クラミジア感染症や淋菌感染症などによって、炎症が起こっている可能性があります。

 

白くカッテージチーズ状のおりものが増えて痒みを伴う場合は、カンジダ膣炎の可能性があります。カンジダ膣炎は、健康状態が良好になることで自然と改善することもありますが、発症を繰り返して炎症を起こしたままでいると、結果的に不妊に繋がる可能性があります。

 

黄色や緑がかった膿っぽい色の泡状のおりものが出て、強い痒みを伴う場合は、トリコモナス膣炎が疑われます。ウイルスや細菌が原因ではなく、トリコモナス原虫という微生物が感染して発症します。トリコモナスによる炎症が卵巣や卵管まで達すると不妊症になったり、流産、早産の原因になる可能性があります。

 

クラミジアによるおりものの変化は、おりものが白っぽくなる、黄色〜緑っぽい色になる、不正出血により褐色になる。またおりものが水っぽくあふれる位出る、粘液状のおりものが増えるという人もいます。

 

淋菌感染症によるおりものの変化は、おりものが黄色っぽい色、緑色っぽい色になったり、膿のようなどろっとしたおりものが増加するケースが多いといわれています。また陰部のかゆみや、尿道から膿が出るという人もいます。

 

しかし、クラミジア感染症や淋菌感染症は、無症状の場合もあり発見が遅れることもあります。

 

クラミジアや淋菌に感染し、症状が悪化すると、卵巣や卵管まで感染が進み、炎症によって卵管が狭くなったり、完全に閉鎖状態になったりします。卵管が閉鎖してしまうと精子が通過できないため、自然妊娠ができなくなります。

 

クラミジア感染症や淋菌感染症は、市販の検査キッドなども発売されていますので、検査してみてもよいと思います。感染症などはパートナーも一緒に治療が必要です。

 

これらを放置しておくと妊娠を妨げる原因になるので、おりものの変化を敏感に察知しましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

生理痛はひどくないですか?
生理痛の重さと不妊に直接的な関係はありません。生理痛が重いから妊娠しにくいわけではないのですが、重い生理痛が症状として出る場合は婦人科系の病気にかかっている可能性があり、その病気が不妊症を引き起こしていることがあるのです。
生理不順はありませんか?
生理周期が24日以内の短いものを「頻発月経」といい、39日〜90日未満の周期の長いものを「稀発月経」といいます。正常な生理周期でもなく、周期に統一性が無い生理を不整周期月経といいます。生理不順と呼ばれることもあります。
過多月経、過少月経はありませんか?
月経血の量が多すぎたり、期間が長すぎる場合を過多月経といい、月経血の量が極端に少なかったり、期間が短く1〜2日で終わってしまうような場合を過少月経といいます。
不正出血はありませんか?
生理でもないのに出血があることを不正出血といいます。 不正出血には種類があり、機能性出血と器質性出血の2種類に分けることができます。
性感染症や腹膜炎の経験がありませんか?
クラミジア感染症、淋菌感染症などの性感染症にかかると、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などを起こす事があり、放っておいたり、しっかり治しきっていないと組織のダメージや癒着によって、妊娠を妨げる原因となることがあります。
性交痛はありませんか?
性交痛とは、性交前、性交中、性交後のいずれかで生じる痛みを指します。女性の痛みに関する悩みは色々ありますが、性交痛を感じる女性は意外に多く存在し、性交痛は生理痛に次いで悩んでいる女性が多いと言われています。
乳汁が出たりしていませんか?
妊娠中や授乳中でもないのに、乳汁が出たり胸が張ったりすることがありませんか?実はこれが不妊症の原因になっている可能性があります。
中絶経験はありませんか?
しっかりとした施設で、人工中絶手術を受けていなかったり、術後の管理を怠っていた場合、繰り返し中絶手術を受けた場合などは、不妊の原因になる可能性があります。
内科的な疾患はありませんか?
内科的な疾患がある場合、ホルモンの分泌に支障をきたすことがあります。甲状腺の病気や糖尿病、肝臓病、腎臓病、高血圧などは、ホルモン代謝異常を起こす場合があるので、それらの病気は注意が必要です。
がん経験はありませんか?
現在は医学が進んでいるので、がんも早期であれば治る確率が高くなっています。
極度の冷え性ではありませんか?
冷え性の女性は多いと思うのですが、女性はお腹のあたりが冷えると、子宮や卵巣の機能が低下します。
過度のダイエットをしていませんか?
過度なダイエットや、過食症、拒食症などの摂食障害は、重症化すると生理不順になったり、最悪生理が止まってしまうことにもなる可能性があります。
強いストレスがたまってませんか?
心の作用と身体の機能は深く結びついていますが、生殖機能は特にこの影響を受けます。なぜなら生殖ホルモンの分泌をつかさどる脳の下垂体は、同時にストレスにも対応する器官だからです。
生活・食生活の乱れはありませんか?
夜更かしや朝寝坊などの不規則な生活で、食事を抜いたり外食や間食ばかりだと、食生活がきちんとしていないので、生理不順や無月経を招いたり、卵巣機能の低下を起こしてしまうかもしれません。
タバコを吸っていませんか?
タバコは「百害あって一利な」とよく言われていますが、まさにその通りです。不妊症に限らず、健康を損なう恐れがあります。
アルコールを過度に飲んでいませんか?
アルコールは、適度に飲む程度であれば、リラックス効果が得られ、血液の循環がよくなるなどの利点もありますが、泥酔するほど飲むのは感心できません。