妊娠しやすい生活習慣

布ナプキンで、生理痛が和らいだり、生理周期が整う人もいるってホント?

紙ナプキンには化学物質がたくさん使われているということをご存知ですか?

 

初潮を迎えてから今まで、何の疑いもなく紙ナプキンを使っている方が非常に多いのですが、実は紙ナプキンには、女性の子宮内にいろいろな問題を作ってきていたことが近年発覚しました。

 

子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんなど、子宮の病気が近年増えている理由のひとつかもしれません。

 

紙ナプキンは、血液をゼリー状に固める高分子ポリマーや、塩素漂白された不織布など、石油系の化学物質がたくさん使われています。石油系の化学物質は、発がん性物質として知られています。

 

タンポンは、プールや温泉などのときに利用される方もたくさんいらっしゃると思いますが、実はタンポンからは、ダイオキシンまで検出されているという報告もあるようです。ダイオキシンは子宮内膜症や流産、死産の原因になるといわれるほど危険なものです。

 

女性の体に蓄積されてきた紙ナプキンの化学物質は、子宮がんや子宮内膜症といった病気だけでなく、つらい生理痛、PMS、生理不順などを引き起こす可能性が高いのです。

 

布ナプキンにしたら、生理痛が緩和した!と言われる理由

 

生理痛は、子宮の筋肉が収縮する作用によって起こります。子宮が、剥がれ落ちた内膜の組織や月経血を異物として認識し、押し出そうとすることにより筋肉が収縮します。

 

毒や異物が多いほど収縮活動が増え、痛みが増す原因になる可能性があるため、紙ナプキンに含まれる石油素材などが、生理痛や不妊を引き起こす原因のひとつであるという考えがあります。

 

布ナプキンは天然素材で作られているため、体に優しく、生理痛の緩和につながると言われているのです。

 

布ナプキンって漏れないの?

 

使い捨ての紙ナプキンのような吸収ポリマーが入っていないので、漏れが心配という点は、布ナプキンのデメリットと言えます。

 

量の多い日や、外出先であまり交換できない日は、替えパッドを2枚重ねるなどの工夫が必要になります。

 

紙ナプキンは化学物質があるとは言え、漏れに関しては本当に優秀ですから、本当に心配な時だけ使い捨ての紙ナプキンを使用するなど、柔軟に考えて使い分けてもよいと思います。

 

または、紙ナプキンの上から布ナプキンを当てておくという手もあります。

 

布ナプキンの洗濯は面倒?

 

布ナプキンは洗って繰り返し使えます。

 

しかし正直、毎月1週間近く、ナプキンを洗濯をするのは面倒ではありますが、ナプキンを長時間当てているときの、あの不愉快な臭いが気にならなくなったという声もあります。あの独特の臭い、周囲の人にもにおうのではないかと気になりますよね。

 

生理中をブルーな気持ちではなく、すがすがしく過ごせるのであれば、その手間よりも快適さが上回ると思いませんか?

 

他にも、血液が今までのどす黒いものではなく鮮血のような感じになり、今までの、生理は汚いものという認識が変わったという声もあります。

 

使用済み布ナプキンは、蓋つきのバケツにナプキンを付け置きします。外出先では、使用済みのナプキンに専用のスプレーをかけて、専用の袋に入れておくことで、血液が固まらず落としやすくすることができます。

 

付け置きしたナプキンは、交換するたびに洗う必要はありません。1日1〜2回、まとめて洗えばよいので、例えばお風呂に入るついでに手洗いする、他の衣類の洗濯のついでに手洗いするなど、ライフスタイルに合わせて、なるべく負担にならないように工夫してみてください。

 

赤ちゃんを迎えるために、布ナプキン生活をしましょう!

 

これから赤ちゃんを出産される方でしたら、母体の化学物質の影響は、子供の喘息やアトピーとの関連性も指摘されていますので、ぜひ布ナプキンを使っていただきたいと思います。

子宮が喜ぶ布ナプキン生活を始めませんか?

 

スポンサードリンク