不妊症の基礎知識

スポンサードリンク

基礎体温の正しい測り方

排卵日を予測したり、不妊症の原因を知る上で、何よりも大切なのが基礎体温です。

 

基礎体温のような細かい温度を測るには、安静にした状態で測ることが大切です。毎朝一定の時間に測り、基礎体温表にグラフにして記録しておきましょう。基礎体温は、毎朝目が覚めたらすぐ布団から出る前に寝たまま測ります。そのためには、夜寝る前に枕元に婦人体温計(基礎体温計)を用意して寝るようにする必要があります。計測方法は、体温計を舌の下にはさむ舌下式で測ってください。

 

測る時間がバラバラだと、体温が一定しないことになりますので、毎日決まった時間に測るのが理想です。ですが、ときには朝寝坊をしてしまったり、いつもより早起きしなくてはならない日があったりするものです。そのように、いつもと違う時間に測ったときは、基礎体温表の備考の欄に、その旨を記入しておくとよいでしょう。また、睡眠不足だと、正しい基礎体温が測れませんので、なるべくなら数時間、最低4時間は熟睡したあとに測りたいものです。

 

婦人体温計(基礎体温計)は、測り方や測定時間など様々

 

婦人体温計(基礎体温計)は、よく風邪をひいたときなどに使う通常の体温計とは違い、小数点第二位まで測ることができます。婦人体温計(基礎体温計)には、いくつかの種類が販売されており、価格はもちろん計測方式や機能も違います。

 

婦人体温計(基礎体温計)の計測方法は、実測式と予測式に分けられます。

 

実測式は、そのときのその場所の体温を測るものであるため、体温がもうこれ以上は上がらないという体温になるまで待つ必要があり、5分程度かかります。時間はかかりますが、より正確な体温を測ることができるというメリットがあります。

 

予測式の婦人体温計(基礎体温計)のメリットは、短い時間で計測が完了するという点です。なぜ短時間で計測できるのかというと、予測式の婦人体温計(基礎体温計)では、数十秒で測った体温の変化から、5分後の体温を、体温計が予測しているのです。予測式と実測式の両方で使用が可能という便利な婦人体温計(基礎体温計)もあります。

 

また面倒なのが、測った基礎体温を記録することです。近頃販売されている基礎体温計は、測った体温を体温計が記憶してくれるため、後から確認することができ、とても便利です。

 

私がおすすめするテルモ 電子体温計 WOMAN℃(ウーマンドシー) 【女性体温計(口中用) / 平均20秒・バックライト搭載】 スタンダードタイプは、基礎体温計に求める機能がすべてついています。アラーム機能やバックライト機能はもちろん、メモリ機能やグラフ表示機能もあり、とても優れた基礎体温計です。

 

基礎体温を毎日測るのは、結構大変です。寝起きですから、脳がしっかり活動していませんし、体温計をくわえながら寝てしまったなんて失敗もあると思います。ですから体温を記憶してくれる機能があるものが便利です。赤ちゃんを望むのであれば、基礎体温は必須ですから、少しでもストレスなく計測できるものをおすすめします。基礎体温はとても大切ですが、縛られすぎないことも大切です。

 

テルモ 電子体温計 WOMAN℃(ウーマンドシー) 【女性体温計(口中用) / 平均20秒・バックライト搭載】 スタンダードタイプ

スポンサードリンク

関連ページ

基礎体温表で排卵日を予測する
基礎体温表で排卵日を予測する目安をまとめました。